So-net無料ブログ作成

Silent X 300W Power Supply PC50 [Windows PC]

Cube型自作PC(http://medama.blog.so-net.ne.jp/2008-03-03)は最近起動が不安定になってきた。バイオス画面でブートデバイスが見つからないと表示されてそのままになることがたまに。もう1回起動するとほぼ立ち上がるが、数回電源ボタンを押すこともあったり。筐体内のホコリを飛ばしたり冷却パーツやVGAカードのフィンもキレイにしたら若干安定性向上。音も少し静かになった。

そもそも250W電源なのにGeForce8800GTなんか挿しているわけだから電源負荷はかなりなもんでしょう。1年間使ってきて電源ユニットもそこそこ参ってきてるかも。電源を強化してみよう。で、選択したのはShuttle純正パワーアップパーツ「Silent X 300W Power Supply PC50」。ShuttleのCubeべアボーンシリーズ用の電源ユニットの中で容量アップしたわけだが静音仕様なのが嬉しい。まぁATX電源の静音仕様に比べたら搭載できるファン径が全然小さいわけだがら静音っぷりもそれなりだろうけどね。

で、ネット通販で取り寄せましたよ。
XPC300W-1.jpg

開封↓
XPC300W-2.jpg

さて交換。べアボーンのカバーを外し、各電源ケーブルを外し、下の写真の赤矢印のネジを外せば電源ユニットはあっさり取り外せる。
XPC300W-3.jpg

比較までに交換前の電源ユニット時の写真↓
XPC300W-4.jpg

交換後↓
XPC300W-5.jpg

ケーブルの配色が違うね。交換後ケーブル類を繋げ直しカバーを付け各I/Oケーブルを接続して起動したら、あら〜静か。もちろんミドルタワーの静音PCって程じゃないが交換前よりはぜんぜん静かだ。使うにつれ電源ユニットの能率が落ちてくるに従い冷却ファンの平均回転数が上がり徐々に騒音が大きくなるとは思うけどね。電源容量アップなんて目に見える効果は少ないけど、少なくとも騒音面では効果があったので大満足でした。起動も安定したしね。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 2

たか

マイクロATX&CUBE箱系の電源交換はレアな経験だと思います。
by たか (2008-12-26 01:24) 

medama

確かにそうですよね〜。純正電源で事足りる仕様にしておけば必要ない事ですもんね。多少なりともカスタマイズできる余地をオプションパーツという形で用意してくれたShuttle様々ってっとこですね。
by medama (2008-12-26 21:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。