So-net無料ブログ作成

Apple Wireless Keyboard [PC周辺機器]

我が家のPC群はワイヤレス・キーボード&マウスだらけである。電池を内蔵するため重量面では若干不利だが、ケーブルの取り回しを考えなくて良いので楽だ。キーボードを簡単にどかせるので、机の上が多目的に使えるのも良い。

RIMG0729.JPG
↑初代Apple Wireless Keyboard
Bluetooth接続。単3電池x4個使用。

もともとはPowerbook G4をデスクトップ化するために買った。intel iMacに作業環境を移植しPowerbook G4の使用頻度が減ったところでintel iMac用にした。筐体面積はキー分だけで縁が無いので10キーも持つフルサイズにしてはコンパクト。20inch iMacの筐体幅とほぼ同じでセットした見た目が良い。キータッチは良いと思う。

RIMG0727.JPG
↑2代目Apple Wireless Keyboard

Bluetooth接続。単3電池x3個使用。先日、新型iMac(27inch、21.5inchモニターになったヤツ。iMac Late 2009と呼ばれるのかな?)が発売され付属キーボードがワイヤレス・キーボードになった。デザインはまったく同じだが単3電池x2個駆動に進化している。現在購入できるApple Wireless Keyboardもその2個駆動の新型になっている。

この2代目はMac mini用に2009年4月に購入。10キーなどが無いので横幅がとてもコンパクト。薄い酸化アルミニウム筐体に白いアイソレーテッド(孤立した)キー。ノートPCのキーボード部分を切り出した感じ。マジ軽い。キータッチはストロークが少ないためか初代には劣る。まさにノートPCのキーボードと同じ感じ。薄さ&軽さとトレードオフだね。例えばMac miniの筐体の上に置けるなど置き場所にも困らない身軽さが信条ですな。大型テレビにPCを繋げた「リビングPC」のような環境には好適じゃないかな。

RIMG0726.JPG
↑こちらはWindowsマシンで使っているLogitechのワイヤレス・キーボード。

ワイヤレス・マウスとセットでUSB or PS/2接続のレシーバーで赤外線通信。フルサイズ分のキーをうまく配置し横幅を抑えている。単3電池x2駆動。電池もちの良さが凄い。キータッチは初代Apple Wirelessより若干軽い。キーサイズはいたって普通のキーボードなので使いやすい。

RIMG0725.JPG
↑3台を並べるとこんな感じ。2代目Apple Wirelessの小ささが際立っている。

http://www2.elecom.co.jp/peripheral/full-keyboard/tk-fbp013/
http://www2.elecom.co.jp/peripheral/full-keyboard/tk-fbp014/
↑エレコムから汎用Bluetoothキーボードが出ているね。なんとPS3を含めて最大9台の端末を登録して切り替えて使えるんだとさ。マルチPC(+PS3)環境を1個のキーボードで操作できるようになるね。(切り替えるたびにPCが「Bluetoothデバイスとの通信が切れました」ってアラートを出すんだろうけどね)
できれば連動して接続先が切り替わるBluetoothマウスを発売、もしくはキーボードにトラックボールを内蔵にしてもらいたいね。

Happy Hacking KeyboardのBluetooth接続版なんて出たら使ってみたいね。やっぱキータッチが良いですよ、HHKは。HHK Lite2(USB)はまだ保管していたりする。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。